男女の体臭の違い、皮脂腺が発達していることが関係

男女の体臭の違い、皮脂腺が発達していることが関係

体臭は男性も女性もありますよね。

 

でも男女の体臭の違いは何か知っていますか?一般に男性の方が体臭はきついというイメージがありますが、実際の所はどうなのでしょう。ここでは男女の体臭の違いについて解説します。

 

男性の匂い

 

男性は女性よりも皮脂腺が発達しています。これは男性ホルモンが関係しています。

 

皮脂をたくさん出すから脂っこい匂いを発すると言えます。これは男性の特徴です。この男性特有のオイリーな匂いは皮脂が酸化する事で発生するべラルゴン酸です。

 

他には男性しか出せない匂い物質にアンドロステノンがあります。この匂いは女性に不評です。しかし男性は特に何も思わないようです。女性が好きではない匂いには加齢臭もその一つですが、このアンドロステノンも嫌われます。いわゆる男臭いとかおやじ臭と呼ばれるものの原因になります。

 

女性の匂い

 

一方で女性の体臭はどうでしょうか。女性は男性のように皮脂腺が発達していません。それに加えて皮脂量も男性よりもずっと少ないですから、脂っぽい匂いがあまりしません。脂系の匂いを出すのは頭皮くらいでしょう。では、女性は全然匂いがないかというとそれはありません。

 

女性は男性よりも発汗量は少なくて汗を出す汗腺の機能が落ちやすい傾向にあります。そのため、粘ついた臭い汗が出やすいのです。

 

年齢によって違う匂い

 

性別によって体臭に違いがある事は述べましたが、そこでケアとしては男性は皮脂対策、女性は汗対策が重要になります。

 

ただ、男女で共通する匂いもあります。それはみんなから嫌われる加齢臭です。男性なら40代以降に女性なら更年期以降に出やすくなります。

 

また加齢臭の原因物質のノネナールには性差はないです。しかもこれは女性はショックかもしれませんが、実は加齢臭は女性の方が長い期間出ます。一般に体臭は男性がすごいイメージですが、女性も男性とは違うタイプの体臭を発散しています。男女で対策は違いますからあなたの性に有効な対策をしてくださいね。

 

手汗対策で人気・話題のファリネの口コミ